やる夫でやる夫

ややる夫で学ぶシリーズの保管庫です。 やる夫と一緒に楽しく学びましょう。ネタ系ではなく、教養系、役に立つ『やる夫』を纏めていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

【短編】やる夫がドラクエ4の勇者だったようです

【短編】やる夫がドラクエ4の勇者だったようです

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 20:37:43.24 ID:XiWaBYq+0
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ただいまだお!
  |    /| | | | |     |   魔王デスピサロを倒した勇者、やる夫様のお帰りだおっ!!
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

        ____
       / _ノ  ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \ 
    ヽ   L   |r┬-|    |  ・・・って言っても、返事なんて来るはずないけど。
     ゝ  ノ  `ー‐'   /    
   /   /          \  
  /   /             \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

                                                //.:::.:.::〉
                                            〉へ::.:/ヌ/〉
                                              /'个y´ ̄Lム、
                                           |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                __                          |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                         |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.           /⌒)         |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i   | T/⌒)     .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__. |`7'..:/´    rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.. |/...::::)::7 ─]:]:.: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉:: /^7<:〈 .:::::// : : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : : ``/...::|::::|/|\ ..::`刀.:.::|_|ト、:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : //ト、У〕:|:....;>.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: ://.:::::;>|::::l/ヘ「  └─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄\∧l\|工]          。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!┘   [ニニニ|ニ]                            ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~             | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|_|::|/<>。                         | .: : .:.|               .             .
: :レ|[:::《   '     、                    | . : :.:.:.|       '               .
_〈l〈V\|コ                          _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
:ト|ェ|:|;;レ' rュ      ´         '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/     

「せっかくこんなに強く立派になったのに、見せる相手が誰もいないなんてつまらんお。

 どれ、この花畑にでも座るかお・・・よっこいしょっと」


--------------------------------------------------------------------------------

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   まったく、ここはバーもカジノも何にもない面白みの欠片もない村だったお。
|       (__人__)    |   見渡す限り家と畑ばっかりで、ドがつく田舎村だったお。
/     ∩ノ ⊃  /    16年間過ごしてきて、退屈だと思わなかった日がなかったお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´    ――この村を出たのは、もう一年も前かお。
/      ∩ ノ)━・'/    あの時はショックと混乱で、あいつらの墓を作る余裕もなかったお。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___


--------------------------------------------------------------------------------

そうだお・・・本当に、本当に色々あったんだお・・・
あの日から・・・


    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   父ちゃん母ちゃん!
    |┃  |r┬-|     |⌒) エロゲー買うから金くれお!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)


 ははは、こやつめ                     それはひょっとしてギャグで言ってるのかしら?
                                ,. -‐―――‐-、
    / ̄ ̄\                    γ::::::::::::::::母::::::::::::::ヽ、
  /   _ノ  \                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  |  ─(⌒)(⌒)                γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
  |     (__人__)                (:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
  |     ` ⌒´ノ                \:/   (⌒)  (⌒)  \ノ
  |         }                   |      (__人__)    |
  ヽ        } ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \    ` ⌒´     /
   ヽ     ノ                    \ \       /l
    /    く \ |__| _ ..._.. ,         ____\__      (__ノ
    | 父   \ \ \ /       |\______\


--------------------------------------------------------------------------------

           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ   あ、やる夫じゃねーですか。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    一人でトボトボ歩いてどうしたですか?
  r"      | |{i t    _     / |    
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |   親にお小遣いねだったら断られたみたいな顔してるですよ?
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



      ______.    
    / ―   \    
  /ノ  (●)  │   お、お前は幼馴染の翠星石じゃねーかお。
. | (●)   ⌒) /    その通りだお、こんなちっぽけな村に住んでるもんだからロクに金もくれねーお。
. |   (__ノ ̄ /    お前こそそんな花畑で寝転がって何してるんだお?
  \_    <´
    /´     `\
     |       |
     |       |


--------------------------------------------------------------------------------

                           / ,.r ''"´      `丶、\
                         / ,ィ´‐.:.:"~ ̄:.``ヽ_   ヽ 丶
                        r '´ ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、  ヽ 丶
                          \/:.:.:.:/:.:,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..L、 ヽ 丶
                         //:.:.:.:l:.://:.,イ:.:./l:.:/'{:.:.:.:.:.:i,  } 丶
                         l:l:.:.:.-l┼l、//:.:/ l┼-l:、l:.:.:i:l  l ,  ヽ、
                         l:l:.:.:.il,jィ=ミ,イ:/ l:/_,..,l:`l:.:.:l:l  ム-‐ '"´
                         ゙lトヽ{〈ぅ:::゚lレ'′ l/幺;;゚トソ:./リ ,/:.l
                         l ゙i:トゞ゙ ‐'′    ヾ:ノ/:/:/ ノ:.:.:l,    日光浴ですぅ。
                          `'卞、 ┌`--、"" ノイシ' /:.:.:.l:.i,    こうやって寝っ転がってると
                     ,..、___j-y(zゝ.丶 .ノ _,. ィ"  /:.:.:.:.l:.:l,    とっても気持ちいいですよ。   
                  ,r'^ゝイ::::/::::::::'´:::(/) ヽヾ` ニ´」ソ  ,ノ、_:.:.:.:.l:.:.l,
   r-―-(Y)´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l:::::::::::::::{:::::::::::::::(/) _,,ン不,´ /  /(フrヘ、:.l:.:.:ヽ
    ,>  ( l )       ___ l::::::::::::::l:::::::il::::(/)r''",,ィ介iヽ、f  / lノ:::::::::ト.:.l:.:.:.ヽ
  (´   ,r)Z(, ―--―--―--ゞ:ヽ::::::V::::lト::(j )lレ''",il'{}lトli, Y  ,l l(::::::::::::丶:.:.:.:.ヽ
  丶-‐ '´            {トi<ヾ、_:,,ィ7(/)   /l!{}lliヾイ  / l(::::::::::::::::丶:.:.:.:.li,
                   {l::{l::::::l;i;;;;;;;l (l)   /lil)(l|| l  l  l)::::::::::::::::ノ:\:.:.:l'i,

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   
        |      (__人__)・    |     あそ。
        \__ ` ⌒´ __/      まあ服が汚れるからやる夫はいいお。
        /  | |_    _| | \
        |  | |  \ /  | i |
         | ├┤ __|_/  ├┤|


--------------------------------------------------------------------------------

                   -‐ ≦=≠^ ≠=≧ ー 、
                ィ ´≦=≠   米;  ゙≠=≧ 、
              / 〆" 氷  _ _ _´゚`__ _  水  ヾヽ、
            / 〆x,  , =≠"⌒⌒⌒⌒ヽ≠=、, x,::Y:\
           / 、/"'アJ〆´        .:. :ハ \ `ヾf~l:::::..\
             /  :::}'c, /    /     . :,イ.: :.:.l  ヽ  \l:::::.  \
         /  ::::|' /.    /     . .:.:/ j:.l :.,':.:.  ハ  :.ヽ:::::: /
        く   ::::::l/:    /  / .:.:.:.ノ.:.:/ /〃:ハ.:..   ',  :.:.lイ
         \__::::/.:.   ,':. /:...::/:/ /:/,'.:ハ:.:',:..  :!   :.l: ',
               l7:.:.:    !:.:/:.:.∠/  // /ナ 弋:ヘ.、.:.l .: :.:l l   ・・・ねえやる夫。翠星石はこの村、大好きですぅ。
.              ,'|.:.:l.:.. :.. lフフ´__--  /' // - __ヽ\l :: .:.:.:| :l  のどかだし、村のみんなは優しいし、
            / l.:.:l.:.:.:.:.',:ヤ´テ刄`/ //  イテ匁゙ア/.:.:.:.:j.:/ :l   お花も動物もたくさんいるですぅ。
             / ヽ.:ハ .:.:.:ヽ ゝ之ノ   /'   ゝ之 '/.:/:.;イ/}  l      
.           /  /ヘi:::、\.:.:', xxx       i   xxx./.:.:/ '" l}   l     
         /  /  {l::米:}ヽゝ        __     ス_:::::米:l}:  l
           /  / /{l::::::::l} ::へ    ゝー '   , イ::  l:::'::::::l}   l  
        / :/ く7:万{l 、:,:l}   :::> .,  _ , <::::    ム::、:,::l}:..  l


--------------------------------------------------------------------------------

                _,, ─=ニ二 ̄ "'- 、
            _,..-'''"__ ※  `"'- 、  \
           />゙⌒ヽ ̄ ̄ ̄"'- 、 ※ \.   \
         / ./   : :\ : :\ : : \    ∨   \
.         /  /     : :ハ  : :\ : : ヘ ※ ∨ _〆)
        / : :i    : i: : :ト、   : : ヘ : :ヘ.   | イ__/
         /  : :i   : : /,イ イ: :ト、\__,: :∧ : : :| ※゙|.八
       l l : : :l_ // ル゙i: :ノィr‐─< 〉: :.,'  .l: : \
       l l. : :tノ.厶イ  ル゙  (て刀ア.,': :./ ※ .l: :    \
       |∧ : :∨ (てカ`     ゞ―゙ /: :/   .ト、 : :     \    翠星石、最近よく夢を見るですぅ。
.          ゝ : : \.ゞ┘ ,   ////,.イ ※  l: \ : :     \   大人になった翠星石達が、この村でいつまでも幸せに暮らしてる夢を・・・
.         `(>┬-ゝ//  r 、      个   ∧.: : \ : :     '.,
.           ) 人.X゙\   `‐'   / .| ※ /.: :',: :   \: :   l  だから、その・・・翠星石達が大きくなっても、ずっと・・・・
            /./ : : )゙※/゙テ=r‐ャ<.___人.  /: :  ',: :    \: :  l  ずっと、このままでいれたらなぁって・・・・・
        /./ : :/ /゙f .〉〉刀, 〉 〕    `X乃ミY)∧: :      \/  
          /./ : :/./_「| Y|    /\  ∧ ヘ\  ̄ハ.: :      \   やる夫!やる夫もそう思うですか?
       /./ : : ,イ 辷竺ミY   .∧  》 ∧ノ  〉 \. l.: :        ヘ
.       /./., -'"/ノ 廴_辷竺ミ乃ゝノ∧ノ  / ※ /  |.: : : :       ',
      /./  /  ./^''^''廴___) ∧ノ  〈   〈   l: : : :      l
.    / ※ / Y /    人^''^''^∨ノ∠_.',    ', l',.: : : :       |
.   /   .弓ミxrュ/    /((∧.    ',       ', ※゙∨ ',.: : : :       |
 / ※ 〈ゞ〃rr/     ,イ))/ ∧   てハ二) ヘ.   ∨ l.: : : :     |


--------------------------------------------------------------------------------

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |    全然。こんなへんぴなところで一生過ごすなんて嫌だお。
         \     ` ⌒´    ,/     やる夫は将来もっと偉くなって金持ちになって、贅沢三昧したいんだお。
 r、     r、/          ヘ      ギャルに囲まれてカジノで馬鹿騒ぎしてバーで朝まで飲むのがやる夫の夢だお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |    それに、お前のアホ面を一生見続けないといけないなんてゴメンだお。
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |


         ,,-''  ,,-'' "~ ̄   ̄"-,,  ''-,,
       /  / lヘ // //.X .  \  \
       <   / ヘ"--,\/l!|/i!l/,--"/ ヘ   >
        \ l  l\_/  \_/l   l /     んなっ!?なな、なんですってぇっ!!
        / ヘ,,_ゝ"" ___ ""ノ_,,/ ヘ
        /   〈 .l   l.vvvvvvl  l .〉   ヘ     ふざけんなですぅ!こっちこそお前なんて
        /  /〈 .〉ヘ,,_l::::::::/ l:::::l_,,/〈 .〉\  ヘ     願い下げですぅ!
       /  ./ 〈 .〉 .l .l::::::〈 〈::::l .l .〈 .〉 ヘ.  ヘ 
.  / ̄/  /  /___〈__〉 l l.^^^^^^^^l l 〈__〉___ヘ  ヘ  ヘ ̄ヘ  お前みたいなチビ人間、こーしてやるですぅ!
  l,,__/  / /∞.l/ ヘ   ̄ ̄ ̄ / \l.∞\  ヘ  ヘ__,,l
    \/ 〈.━ /   l ヘ,,_   戉/ l  \ ━.〉 ヘ /     ポカッポカッ!
    /.\.l_/   /     ̄ ̄ . ヘ    ヘ_l =/

--------------------------------------------------------------------------------


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 20:50:27.27 ID:ffyUsL2x0

なんかフラグがすごいなww


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 20:52:30.58 ID:A8vi/YMLO

これ、ゲームクリアした後の話なのか



--------------------------------------------------------------------------------

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \         いててて!
    |      ` ⌒´    |         わわ、分かったお。今のは冗談だお。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   だから止めろお。
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|       ・・・仲のいいところ悪いが、そろそろ剣の修行の時間だぞやる夫。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +     いつもの地下倉庫で稽古だ、ついてこい。
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


--------------------------------------------------------------------------------

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´     うへぇ、もうそんな時間かお?
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      ししょー、やる夫今日頭痛いから休みにしてくれお。
.\  "  /__|  |
  \ /___


  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |   
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |    ま~た始まった、ダメだダメだ。
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|     いいか、お前は強くならなくちゃいけないんだ。
\  `ニニ´  .:::/     そういう運命なんだ。
/`ー‐--‐‐―´´\

--------------------------------------------------------------------------------

      ___   
    / ―\   
  /ノ  (●)\ 
. | (●)   ⌒)\   まーたその話かお。なんでやる夫が強くなる必要があるんだお?
. |   (__ノ ̄  |   やる夫は戦士よりも遊び人になりたいのに・・・
  \        /
    \     _ノ    ・・・お? 
    /´     `\
     |       |
     |       |



\                        /
  \                     /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',       /  
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /    
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       おーい!大変だぁっ!!    
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \      ついにこの村が魔物達に見つかっちまったぞっ!!
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)     村のすぐそばまで来てる!!
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄  
           |            |


--------------------------------------------------------------------------------

         ____
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  うぇぇーーっ!?
     \:::::::::   |r┬-|  /  
    ノ::::::::::::  `ー'´   


        ,. - ― ― -- 、
   (  ,. '" , -‐ '' ''^丶、  `ヽ、
    ,× ,zニ-―テ ー-、`丶、 \
   ,>:'´:/: /: : :,イ: : : :\ 丶. \
  ,イ ,ィ': /: : イ: ://: :/{: : :丶 ヽ、 \
  /: ://:,'://: / /: :/ lト、: : :ヽ  L   \
  l: /: : {/、_」,ノ /} /  l:N、: :.lヽ+ヽ ,__,ノ
  j/{: : :l/ノ__`l ル' `ーH-tixj l  l/i´
   V: : l,ィス::ヾ'     ィキミ、lXリ{ + イlト、
    〉: :.l ゙'ー'     ヒ:::)ヽリ}( i!  l l ト、   魔物ですってっ!?
   / リ八xx   '     xxイソイ} lX ハl l ヽ
  ,{ ,l l{ト.丶、  っ     /レ行ノ { l h ll
  l ,l' ヽ ヽリ> 、 _,, . イヘメH {x / l入l ハ


--------------------------------------------------------------------------------

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \    くそっ!!ついにこの日が来ちまったのか!
| (●), 、(●)、 |    もう少し時間があればやる夫を立派な勇者に育てられたものを!
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |   
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|     魔物は俺達が食い止める!
\  `ニニ´  .:::/     翠星石、やる夫を安全なところに連れてってくれ!!
/`ー‐--‐‐―´´\


 /:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.ヽ
./:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:',
':.:!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///,:.:./:.l:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.l
:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./// ,:.:/:./:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:!
/|:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/イ/ /:/:./ト、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:!|:、 
:.:!:.!:.:.:.:.:.:.l:`l丶、:.:.:.:.:.://., ' ./:/:./ !l ヽ:.:.:.:ヽ:_..- ':.:!:.:l:.:.:.:.:.l:.!:.ヽ
:.:.!:.!:.:.:.:.',:.',:.!:.:.:.:.:>'<、/ //,:./  !l _><\:.:.:.l:./:.:.:.:.://:.:.:.:
:.:.:',:',:.:.:.:.ヽV`ヾ〒_==ミー7/// ーrィ== 〒ア、/:':.:.:.:..://:.:.:.:.:
-、,.ヘヽ:.:.:.:ヽヽ ヾ、_ー'_ノ /'´〃    弋_ー'.ノ '  /:.:.:.:.:.//、:.:r‐‐
 ヽ.-l \:.:.:\、     /´        ヽ   /':.:.:.// ,.-J     分かったですぅ!
./  .!   ヽ、:.ヽヽ、      i        ‐,.'ィ":./   !/  `     やる夫、早くこっちに来るですぅ!
ヽ、  ,!   l l`ヾ.=-    _._ _._   -‐"‐/l !   l )  / 〉
) .! へ!  //  `丶、      ...     ,. '´   l !  !< ,   く
  ヽ_ ̄l   l !       `丶、   _.. '"       !l   !  / -,.、ノ:
ヽ-、 ', !  !l      /::,二 `"´二、:\     ,イl  l  '  /: : : :
: :!: :} l  ! !l     /::/ //:「ト、\ \::\  / l.! l    〉: : : :


--------------------------------------------------------------------------------

                 /   rク      , --=====ミ \
                /    ィ7     ≠″        `¬\
            ,. '     〃   /   /           \
         ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
         \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛
          \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
           \/  V{{  |   -/―--<.  / イ / /       |
               /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |  はぁはぁ・・・ついたです。
           /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//  この地下倉庫ならとりあえず安心ですぅ。
           , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/
         /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′
       /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /
      /       // {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//
    /        //   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}
   /     r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽ__   |   |{{     ヾ!



            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \   で、でも、村のみんなはどうなるんだお!?
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ


--------------------------------------------------------------------------------

           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l
              |、ヽ.:.:ヽィ圷ミ    ィ圷ヾ.:.:.:|::.::l     ・・・やる夫、よく聞けですぅ。
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',    魔物達の狙いはお前の命なんですぅ。
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ   お前には秘められたチカラがあるからですぅ。
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',   やがてお前は勇者として世界を救うのですぅ。
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
          /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ   だから、今は隠れて生き延びて・・・
.         /.:/: : : \: : }  |.  ̄/ \ヾ) \ |  L、 : : : : : :}.:.:.:.:.:\  そして強くなるですぅ!
         / .:.{ :\: : :.}: : ! ト、/   ヽ }〈//  ヾ一'|/:-ー' : : :/.:.:.:.:.:.::. ヽ
          / .:.:.:.ヽ: :ヽ,: : :r十

    /    /ヽ / _ァー'  ̄/   ⌒\_ヽ
  / ::: :  r'  〆 ソ    /        i \
/  ::: : .::::/   /    /      /     i  ヽ
ー=ニニ>:::/ v/, /::    /      ./   / / i.   `,
    |V "ァ‐/:::    /:     .:/ .:/イ ./:  i::   i l
    .l ::) i |::::   i /::......:::::::/ ::/ / /: //:i:: i i: l
    l :(   |:::: :i :i L フニニ=ー‐‐''フ// / ハ:i: :i i i|
   l :ノ 、i , l::::: i | :| ヽーr‐‐=マ ´ / / >く. |: i: i リ
   .l i:)ト‐ ‐ ヽ::::. i l :l   にんソ  ///ハュ、_> / ノ
   l i i(  小  ヽ:::::i l ヽ ハヾ.ー' / " ノ,にア/:/:/   ・・・やる夫。
  l i i )     へ::ヘ    〃      i.  ̄{//|
  l :i i.(     ハ \.__         "  イi  l     今までやる夫と一緒に遊べて、
 l :i i .).ヽi ィ )::| \      =‐'  // i:  l     とっても楽しかったですぅ。
. l :i .:i .:( 小  (::」   ` ‐ 、_   _, イ  イ::  i:  l
.l i ::i ::::}    ハ|   _. - 亠 く / ハ .ノ::i:::.  i:. l
l:i :::i .::::/    }へ>く _     /  ./::::::::i::  i: l
i .::::レイ  /  /  /〉‐〈  \  .{ ノ `ヽへ _ i:. l
 广| V ‐ ‐ } / /U.ハ   \/ }  [ ^ /  J ハ: l


--------------------------------------------------------------------------------

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ 
    / (●)  (●)    \  翠星石!?
    |   (__人__)    u.   |  こんな時になんだお!?
     \ u.` ⌒´      /


   l   ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  l
.  l /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ !
  l. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.i:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',l
  l i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.,、 '"   /:.:.:.:.:.:.,':.:.:/ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
.  l. l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:, '"       /:.:.:.:.:.:./:.:./   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
  l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:/:.:/    ノ  /:.:.:./ /:./ ` ─--\:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.l
  ! l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.://--─  '"  /:.:/  /:/  __.....    ヽ:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
. !  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:./ _.... -─-、- //   //  ,、r‐──- .._ \:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:/!
 l  ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:/ く i ..::::::::::ヽ     ,,.'''    i ...::::::::::} >>l:.:.:,':.:.:.:.:.:.:./:.i
 l   ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ    ヽ::::::::::::/   ,,. ''      ',:::::::::::::ノ '"  l:./:.:.:.:.:.:/:.:.:',
 !    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ    `-‐ '"  , ''         `‐- '゛   /:.:.:.:.://:.:.:.:.:',
/:l    \:.:.:.:.:.:.:.\                         /:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:    ・・・でも大丈夫ですぅ。
:.:.}     i:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.>          i           ∠:.:.:.:./   i:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:',     ',:.:.:.:.`T:.\        ャ─  ''フ        /:.:./     ;:.:.:.:.:.:.:.:.    お前を殺させはしないですぅ。
:.:.:.:' ,.    ;:.:.:.:.:.:l:.:.:.l:.\         ヽ ...  '゛       イ:.:.:.;     ;:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:',     ',:.:.:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.:` .._              ィ'゛:.:l:.:.:.:.:',    ,':.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:',    ',:.:.:l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> .._       _.. <:.:l:.:.:.:l:.:.:.:.:::.;    ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:' ,    ;:.:.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:/  |    --    |   \:.:.:.l:.:.:.:.:.:.;    ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:' ,   ;:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:/   `l           レ    ヽ:.l:.:.:.:.:.:.;    ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;   ;:.l:./:.:.:./      \     /      \:.:.:.;   ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


--------------------------------------------------------------------------------

         `丶、_/,ッ''"´     `ー 、 -ン'ニ丶、   丶
           ,ィシ'´     i       ``ヽ' ヽ~ ヽ   丶
         //     / l     ,i 、  丶 、l , l!    丶
         く_/     / ,l'     ハ ヽ i lー ―ヽ    丶
         /     /, l  ,/l   / l lヽ l! ヽ' l`  l      丶
         //  ,r''ナァ┼-// , l/ ‐l-l、」_ll  ゝ  ヽr::、 、  丶、
        ,' l  ,' ,// ,リ/,// / ,リ  l/ l`|゙ト( ヽl / l-'"/  ,, - '"
        l ,!  ll  ,ムzキ=        lハ ll 〈,仏:::::::lノ   ィ'"/::::::::::゙ト、 ,{    l/´ l      めそめそ泣くんじゃねーですよ?
        l ヽ ll l{`く::::::ノ      つ::::::::jリ'/,ゝ,  /  l   
          ヾj>'^ヽ、77′ 、   /`ー(ニソ/f ニ;ニ i′  l
          / 'ヾヽ_)''  ___ ///ナノィ'  ' ,ノ    l
         j  ニヽ〉,、   丶 __,ノ   "。j 、/_ }       l
         ry    Y l `丶 、    _ ,, -'シ' ´l` ,ノ      l
        ,Xh ,、 ,ィフヾr-rv'7ミi'' ""´_,,..ル'    l'Y^U⌒ヽ   l
       ,乃`ー''‐'"、jノ /フ,ムzゝ=<´、 リ ンiニ /ノ,. ―-くn  l
       ,' `^し^'J7(_ rチ''"´ ,イ介、`ヾヤ  ' f ,」,/,';;  , `'ト、 l
      /      /'"ハヽ-‐シケlエl:ト 、/ l /_ / V/ ///  /V  ヽ
      /      ,ク/r'ヾ''" //h !lヾ:) ~ハ`ノ r1l //'   / l)  ヽ
     /      ,( /,ノ    //)ll l:l /,  r'" r''ll< /  / /  ハ   ヽ

翠星石は モシャスをとなえた!

翠星石は やる夫そっくりに 姿をかえた!
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \   さよならですぅ、やる夫・・・
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


--------------------------------------------------------------------------------

         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \  翠星石!?待てお翠星石、待ってくれおっ!!
    |         (__人__)|  行かないでくれおっ!!
     \    u   .` ⌒/   
    ノ           \   そんな・・・そんな・・・
  /´               ヽ



「デスピサロ様! 勇者やる夫を しとめました!」


「おおでかしたぞ!よくぞ勇者をしとめた!

貴様には後で褒美をとらせよう。では皆の者、引き上げだ!」


--------------------------------------------------------------------------------


――全ての音が静まった後、おそるおそる地上に出てみると――

目の前にあったのは、村を飲み込む炎と、無残な姿になった廃墟だけだったお・・・

                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/


--------------------------------------------------------------------------------

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:05:11.84 ID:zhYFfCVm0

シンシアのはねぼうしを
最後まで持っていたのは俺だけじゃないハズ



--------------------------------------------------------------------------------

       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    ・・・・・・
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´    ・・・あの時、トーチャンカーチャンが本当の両親じゃなかった事も知らされて・・・
/      ∩ ノ)━・'/   そう、やる夫は本当は天空人の血を引く、まさに勇者だったんだお。
(  \ / _ノ´.|  |     
.\  "  /__|  |      
  \ /___


--------------------------------------------------------------------------------

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   そうだお!やる夫はまさに今をときめく勇者様なんだお!
  |     |r┬-/      |   街に出れば女の子にキャーキャー言われるし、ちびっ子達の憧れの的なんだお!
  \     ` ̄'´     /    誰もがうらやむ、世界を救ったヒーローなんだお!イチローなんてメじゃないお!



      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\   ・・・でも、魔王デスピサロを倒すまでの道のりは、本当に長かったお。
 |        ̄      |   最初は一人で心細かったし、仲間を見つけてからも
 \              /    裏切りの洞窟で殺されそうになるわ、キングレオが強すぎて死ぬかと思ったり・・・


--------------------------------------------------------------------------------

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   そうそう、ガーデンブルグで盗人に間違われたこともあったお。仕方ないから
  |    /| | | | |     |   トルネコを牢屋に置いといて、あやうくそのまま忘れそうになったんだおwwww
  \  (、`ー―'´,    /   あの時のトルネコの泣きそうな顔ったらなかったおwwwwww
       ̄ ̄ ̄



       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   他にも、アッテムトの鉱山奥で地獄の帝王だかなんだかを倒したり、
  |     (  (      |   世界樹でルーシアを助けたり・・・三人じゃないと無理だからとか
  \     `ー'     /    言われて樹をもう一度登り直した時はキレそうになったお!

--------------------------------------------------------------------------------

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:10:23.74 ID:A8vi/YMLO

やっぱそこはトルネコなのかw



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:09:31.14 ID:Dx7ZKeiA0

やっぱりトルネコだよな、そこは・・・w



--------------------------------------------------------------------------------


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  そんでついに天空城までたどり着いて・・・そうそう、あの時
  |              |   高所恐怖症のクリフトが挙動不審すぎて面白かったおwww
  \               /    


      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  んで、天空城でドラゴンマスターと出会って・・・
  |     |r┬-|       |  ドラゴンマスターから、世界を守ってほしいって希望を託されたんだお!
  \     ` ー'´     /   あの時は思わず、やる夫は本当に強くなったんだって実感したお!


--------------------------------------------------------------------------------


――そしてついにやる夫達は憎き仇、魔王デスピサロをやっつけたんだお。


       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |    みんな!気を集中して力をあわせるんだお!
      \      ` ⌒ ´  ,/    いくお!ミナデインッ!!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |



  / ̄ ̄\
/  ;_ノ||||||\
| ;   ( ゚)( ゚)  
|  \  (__人__)      ぐはあああ・・・!!
| ; ;|  `⌒´ノ       身体が熱い・・・!
|       ;          わたしが・・・このデスピサロが敗れたと言うのか・・・
ヽ  ;      }        身体が崩れてゆく・・・うぐおぉぉぉぉっ!!
  ヽ   ;  ノ 


--------------------------------------------------------------------------------


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:13:07.18 ID:Dx7ZKeiA0

やらないおwwwwデスピサロかよwwwwww



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:13:12.64 ID:A8vi/YMLO

まさかのやらないデスピサロw




--------------------------------------------------------------------------------

       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))    お前たちよくやったっていうwwwwwwwwwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \    これで世界の人々は魔物に怯えず平和に暮らせるっていうwwww
( ___、  |-┬-|    ,__ )   このマスタードラゴン様から礼を言ってやってもいいっていうwwwwww
    |    `ー'´   /´      
    |         /         え?俺の出番これだけ?ヒドイっていうwwwwww



     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }     ついにやったな、やる夫。
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }     ・・・そうか、やはりこの天空城に留まりはしないか・・・
    |! ,,_      {'  }     分かった。俺もルーシア、男だ。止めはしない。
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、   
    ヽ ‐'  /   "'ヽ    お前さんのケツは最高だったぜ!じゃあな!
     ヽ__,.. ' /     ヽ  
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \   
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }

--------------------------------------------------------------------------------


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:14:10.52 ID:P0Z5RNpq0

掘ったのかwwwww




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:15:53.07 ID:sU0ZifONO

最高のキャスティングです
ぜひ本編も
ロザリーは朝くらかな




--------------------------------------------------------------------------------


やる夫の仲間達は、それぞれ自分を待つ人たちのところに帰っていったお。

            /          /-‐′  \
          ′ /  _/__    .ハ     \
          ′ .|   |  `メ、./ !  /   ヽ._
       /    !  ィォ=ミ、′/  /__ィ !`T´
.      /  /| |   弋zり  /-‐'"_ /`/ ./      ただいまー!ルイズ姫様のお帰りよー!
.       /  /∧∧ \ ヽ     fリノイイ/       ふぅ、やっぱり自分の城が一番落ち着くわねー。
     / /,. -- 、ヘ  ト、!,.へ._  ' / イ      ,、__
,. ---一'´ /::::,. -‐:ミ|   !、{__)ノ _,ノ /!      / ,.、,   `ヽ
     , -/::::/::::/::\|   |ヽエT::´:|  ∧ヽ    /ノ//,.ィ ,ハ: ̄`ヽ
    / ハ:::::|:::/:::::::::::!   !:::::f⌒ヽ! | |、` ̄! ./,/_/_/´/_/:::::ヘ:::::::::ヘ
  /|  / ヽ:l:/::::::::::::::|   l::::::ゝ._,ハ! ! \! //./::l:::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::ハ
  ヾ、    ./:::::::::::::::::|  |:::::,.イ|:|\ヾ //ァ/:::::l:::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::キ
\   \  /:::::::::::::::::/ | l/ l|||   // |/ .ハ:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::ハ:::::::::i
. __二ニュ ヽ!::::::::::::::::/  '.|  ||||//l ! l .ハ:::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::ハ::::::::!

                     _ ___
    / ̄ ̄ ̄ ̄\,,      /-、 -、    \
   /_____  ヽ    /  |  ・|・  | 、    \    「やれやれ、やっと終わったねドラえもん。
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |   / / `-●-′ \    ヽ    にしても、結局デスピサロには何回やってもザラキ成功しなかったなぁ」
   |  ・|・  |─ |___/   |/ ── |  ──   ヽ   |
   |` - c`─ ′  6 l   |. ── |  ──    |   |   「だから効くわけないって何度も言ったんだ、君は実に馬鹿だな。
.   ヽ (____  ,-′   | ── |  ──     |   l    横で見てて何度マヒャドくらわそうと思ったことか」
     ヽ ___ /ヽ     ヽ (__|____  / /
     / |/\/ l ^ヽ    \           / /
     | |      |  |     l━━(t)━━━━┥


--------------------------------------------------------------------------------

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは勇者と仲間になったと思ったら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ         いつのまにかデスピサロが死んでいた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ   もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


   ./     ,,,... -――- ...._    ',
   |    /'´         `!  |
   |  ,ノ           |  :!   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |   |   ,. -==、 ,.==-、 |.  |   /
   l:  l  ィてフ_> :i i ィてフ_> | ;'  |  要するにずっと馬車要因だったんだね。
    iヘ:|         | |       |''|   |  まあいい、これからも僕の忠実な王宮兵士として
    |,ハ|       r_!__ト,     /ノ   |  このバトランド城を守っておくれよ?ポルナレフ。
    ヽ'_l、    ,___,   /'′  _ノ    さぁ、今日は城をあげての宴だ!
     `l \     ―‐  ,/   ̄ ̄ヽ、_______________
   _,. -l    丶、___.. 1"i''''''―-
‐''"´ |\        /  |


--------------------------------------------------------------------------------


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:18:56.32 ID:A8vi/YMLO

何このキャスティングw




--------------------------------------------------------------------------------

    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{    ただいま、ネネにポポロ。
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}    約束通り、父さんは世界一の武器商人になってきたよ!
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{  
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|! 
  ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/  
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\


             ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
          ,;;;iiiiiilllllllllllllllllllllllllllllllllllliii;;,,,
         .,illlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllli,
        ,illllllllllllll/ソ|llljヽiiゝ,iilllヽllllllllllllllllllllli,
        ,illllllllllll|il'{lll'|lll|,.イlト、ヾヽヽiilllllllllllllllllli,
       ,illlllllllll|lli {lll| {lll{ .|lll ヽゞヽ、ゝiillllllllllllli
       illlllllj,.-===;,、iil }| ,;;===::;,, `ミllllllllllli   おかえりなさいあなた!
       ,illllllll| 、ッ。¬、    ,ッ。'¬'、  ミ/ヽlllli
       illllllllll  `-'‐'      `'‐'‐'   .|::.〉'illllli,    よかった・・・無事に帰ってきてくれて、
      ,illlllllllll| ""         ""  .|.,ノ'illllllli,    本当によかった・・・!
      illllllllllll.l      、 ,,       lillllllllllllllli,
      ,illllllllllll.ゝ   .,____-_____,.    ,.'illlllllllllllllllli|  さ、今夜は御馳走よ!ポポロ、手伝ってちょうだい!
      illllllllllllllliiヽ   ‐‐‐‐    ./illllllllllllllllllllli|
      'illllllllllllllllllliiヽ       / |llllllllllllllllllllllllli|
       'ilトilllllllllllllll| ` ‐--‐ '    ljjjlllllllllllllllソ"i!
       ` `  ノ¨|         {込ヽ"


--------------------------------------------------------------------------------


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:20:57.83 ID:Dx7ZKeiA0

安西先生が犯罪な件w




--------------------------------------------------------------------------------

    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ●) (●::(     ――ただいま帰りました、父さん。
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )
       ) ) )、    ̄ノくハ(    見てくれましたか?私達と仲間のみなさんで、
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))    悪しき魔王を打倒したところを・・・
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、    
       ,'   ノ    Y    Y    うっ・・・
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ  



         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          / /" `ヽ ヽ  \   こらこら、朗報の報告なんだから、泣いちゃダメよ。
       //, '/     ヽハ  、 ヽ  ・・・ま、無理もないわね。
       〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|   
       レ!小l( ー) (●)从 |、i| 全て終わったわ父さん。だから、ゆっくり休んでね・・・
        レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ     
           ヽ、  ゝ._)   j /   ・・・さあやらない子、モンバーバラに行くわよ!  
          ヘ,、 __, イ       私、なんだか久し振りに踊りたくなっちゃったわ!



--------------------------------------------------------------------------------

        ____
       / _ノ  ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \ 
    ヽ   L   |r┬-|    |   ――しかしまあ、ホント一癖も二癖もある奴らばっかりだったお。
     ゝ  ノ  `ー‐'   /     ま、みんないい奴らだったし、なんだかんだ言って頼りになる奴らだったお。
   /   /          \   まあこの勇者やる夫様には劣るがなwwwwww   
  /   /             \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  さーて、あいつらも元の生活に戻っていったし、やる夫も・・・
  |              |   
  \               /

--------------------------------------------------------------------------------

          ____
        /      \
       / ─    ─ \   
     /   (●)  (●)  \   
     |      (__人__)     |    やる夫も・・・やる夫も・・・・・・
      \     ` ⌒´    ,/  
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     ・・・これからどうしようかお?
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   おっといけないお!
  |     |r┬-/      |   仇をとることばかり考えて、戦いに勝った後の事を何も考えてなかったお!
  \     ` ̄'´     /    こりゃー勇者やる夫様のうっかりミスだおwwwwおっおっおっwwww


--------------------------------------------------------------------------------

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  そうだお!せっかくだからここに立派でド派手な城を作るんだお!
  |    /| | | | |     |  やる夫キャッスルと名付けて、金ピカの超ゴージャスな城にするんだお!
  \  (、`ー―'´,    /    
       ̄ ̄ ̄


      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  / /// (__人__) ///\   そんでロリ美少女をいっぱい集めてハーレムをつくるんだお!
  |     |r┬-|      |  それに地下には最大級のカジノを作って、毎日そこでずっと遊ぶんだお!
  \     ` ー'´    /   うはwwwwww夢がひろがりんぐwwwwww


--------------------------------------------------------------------------------


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:28:50.65 ID:saVcVTjw0

なんだか空元気に見えちゃって



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:24:32.88 ID:Dx7ZKeiA0

これはなかなか良スレじゃないか




--------------------------------------------------------------------------------

             ,, ⌒ヽ、      ヽ')
            (::::::::::::   ヽ           ヾ)
    , ⌒ヽ    (::::::::::::::::::::::  )           ヽ       ヾソ
   (:::::::::::: '   (:::::::ヾイ:::::::::::::  ヽ⌒ヽ 、               ヾ
    ゝ:::::::::::: `ヽ(::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::    )       (⌒ 、
   (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  :::::::ヾソ:::::  ヽ     (:::::::  ヽ
  (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::ヽ::::::  )    (:::::::: サァァァ
::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;:;:;:;:::;;;;;;(○)○)(○(○)(○)(○)(○)○)(○)(○)(○)○)(○(○)(○:;:;
;;;   :::::::....(○)○)(○(○)(○)(○)(○)○)(○)(○)(○)○)(○);;;:;:;;;:;;;:;:
 ;;;  :::: :::  (○)○)(○(○)(○)(○)(○))(○)(○)(○)○) (○)(○);;;;;
     ;:::: :::ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃|〃|〃|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃|〃|〃
;;     :::  :::  ::: ::::::::   ::(○)○)(○(○)(○)(○)(○)○)(○)
(○)○)(○(○)  ,,.;;.,, ;;....    |〃|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃|〃|〃|〃;
ヽ|〃|〃|〃|〃



「・・・あ、でもそしたら、この辺の花畑も全部潰さないといけないお。

そしたら、翠星石が悲しむかも知れないお・・・」


--------------------------------------------------------------------------------

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/13(木) 21:30:36.35 ID:Bnr3TRzu0

切ない……




--------------------------------------------------------------------------------

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |   ・・・・・翠星石・・・
 \              /




         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    あ、そうだお!
  |     |r┬-|     |    この村に帰ってきたら、まずみんなの墓を作るって決めてたんだお!
  \      `ー'´     /     そうだお、さっそく作るお!まずは翠星石のからだお!


--------------------------------------------------------------------------------

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   場所はやっぱりあいつが好きだったこの花畑にするお!
  |     (  (      |   えーと、あいつの形見の羽帽子は・・・と。  ゴソゴソ・・・
  \     `ー'     /    ・・・・・・あれ?



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   あれ?あれ!?ない、ないお!あいつの羽帽子がなくなってるお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


--------------------------------------------------------------------------------

         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \   ・・・そうだ、そういえば思い出したお。
    |  U    (__人__)    |   旅の途中、鋼の剣を買うのにどうしてもお金が足りなくて、
     \      ` ⌒´   /   仕方なく売っちゃったんだったお。
    ノ           \    



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\     あ、あれは仕方なかったんだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    あの時鋼の剣がなかったら、あのボスに勝てなくて絶対負けてたお!
  |  U   |r┬-/ '    |    不可抗力だお、どうしても金が必要だったんだお!
  \      `ー'´     /    

--------------------------------------------------------------------------------


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/13(木) 21:34:45.91 ID:Bnr3TRzu0

あーあ……やっちゃった



--------------------------------------------------------------------------------

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ま、まぁ翠星石もアレで結構優しい奴だったし、きっと許してくれるお!
  | U             |   そうだお、やる夫は今は大金持ちの勇者様だお!
  \               /    代わりに超高級なヘッドドレスを買って墓に供えてやるから、それで我慢してくれお!


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    あ、あの時鋼の剣のお陰でボスに勝てて、やる夫は更に強くなれたんだお!
  | U   /| | | | |     |   そうそう、あの羽帽子のおかげでやる夫は立派な勇者になって魔王に勝てたんだお!
  \  (、`ー―'´,    /    あいつもきっと分かってくれるお!
       ̄ ̄ ̄


--------------------------------------------------------------------------------

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  はは、は・・・・・
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /



          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \         ・・・そうだお、墓に必要な材料をとってこないといけないお。
    |      ` ⌒´    |          たしか地下倉庫に、使えそうな材木があったはずだお。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   どれ、よっこいしょ・・・・・・あいたっ!
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    な、なんだお!?
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


--------------------------------------------------------------------------------

        ┌┌
       γ´⌒γ
     ((\|( ^ω^)
     ((\| ┘  |┘ 
     ⌒ 〉   j
    <(∥┌_,ノ┐ ブーン
        ┛  ┗



       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \   
  / ノ( ●━━●   \    この蜂野郎に刺されたんだお!!
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |   てめぇ、世界を救った勇者様を刺すたぁどういう了見だお!
  \     ` ⌒´   ⌒/    ふざけんなぉ、ライデイン喰らわせてやるお!



--------------------------------------------------------------------------------

        ┌┌
       γ´⌒γ
     ((\|( ^ω^) ?
     ((\| ┘  |┘ 
     ⌒ 〉   j
    <(∥┌_,ノ┐ ブーン
        ┛  ┗


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   ライデイ・・・・・ラ、ライ・・・・・
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /     ライ・・・・・くそっ!


--------------------------------------------------------------------------------

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \  
    / (●)  (●)    \   どうしちまったんだお、やる夫は・・・
    |   (__人__)    u.   |   たかがあんな蜂相手にムキになって・・・
     \ u.` ⌒´      /    
    ノ           \     くだらないお、さっさと地下倉庫に行くお。
  /´               ヽ




ガサゴソ・・・

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   んーと、これとそれと・・・
|       (__人__)    |   あとこれがあれば十分かお。
/     ∩ノ ⊃  /    地下だから材木も痛んでなくて助かったお。
(  \ / _ノ |  |    
.\ “  /__|  |     ・・・お?これは何だお?
  \ /___ /      ノートみたいなのがはさまってるけど・・・どれどれ。


--------------------------------------------------------------------------------

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ・・・お!こりゃ翠星石のだお!
  |     (  (      |   この下手な字、見りゃ一発で分かるお!
  \     `ー'     /


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\     なんでこんな所に隠してあったんだお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   まあいいお。どれどれ、何て書いてあるのかお?
  |              |
  \               /


--------------------------------------------------------------------------------

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   それはない
        |      (__人__)     |
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



--------------------------------------------------------------------------------


『○月×日。 今日は覚えたばかりのモシャスの魔法で、やる夫を驚かせてやったですぅ!

 カエルに化けて適当な事言ったら、マヌケな顔して簡単に引っかかったですぅ!

 見てて笑いが止まらなかったですぅ!』

      ______.    
    / ―   \    
  /ノ  (●)  │  カエル? ・・・ああ、そういえばそんな事もあったお。
. | (●)   ⌒) /   急にカエルがしゃべってきてあの時はビックリしたお。
. |   (__ノ ̄ /
  \_    <´
    /´     `\
     |       |
     |       |


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   全くあいつはこんなしょーもない事をいちいち日記に書いてたのかお。
  |     |r┬-/ '    |   ほんと幼稚な奴だお。とんだお子様だお。
  \      `ー'´     /   ・・・お?次のページに続きがあるお?


--------------------------------------------------------------------------------

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |  どれどれ・・・
  |    ー       .|
  \          /


『この調子で、もっともっとやる夫を驚かせてやるですぅ!

 たくさんモシャスの練習して、次は人間にも変身できるようになりたいですぅ!

 やる夫そっくりに化けて、ドッペルゲンガーだとか言って怖がらせてやるですぅ。

 あいつの泣き顔が目に浮かぶようですぅ!楽しみですぅ!』


         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   え・・・?
    |         (__人__)|   やる夫そっくりにモシャスって・・・
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


--------------------------------------------------------------------------------

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\ 
  |       |r┬-|     |  ・・・翠星石・・・・・・うぅ・・・
  \     `ー'´     /



       ______
      /  \    /\
    /  し (>)  (<)\    だ、誰が泣くもんかお!
    | ∪    (__人__)  J |   泣き顔なんて見せるかお!
    \  u   `⌒´   /   そうだお!やる夫は世界で一番強い勇者様なんだお!
    ノ           \ 


--------------------------------------------------------------------------------

         / ̄ ̄\
        /      \
       /::::::::::::::     ヽ   やる夫は髪も緑に染めてモテまくりのリア充なんだし、
       |::::::::::::::       |   お金だっていくらでもある超勝ち組なんだお!
        ヽ::::::::::    /    怖いもんなんて何もないんだお!
        /::::::::::::   く     さっさとこの材木を持って上に戻るお・・・・・おっ!?



ガツンッ!

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   あいたっ!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  階段でつまづいて転んじまったおっ!!
  \    |ェェェェ|     /     いたたたたた・・・・


--------------------------------------------------------------------------------

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \    ひざにアザが・・・・・くっそー!階段の分際で勇者に傷つけやがって!
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |    どいつもこいつも勇者を馬鹿にしやがって!
  \     ` ⌒´   ⌒/    あーもうやめた!墓作りなんていつでもできるお!やってられるかお!



         ____
       /      \
      /  u   \  \    ぜぇぜぇ・・・
    /      u (●)  \   やる夫は、金も地位も名誉も、全てを手に入れたんだお。
    |         (__人__)|   人間が欲しがる全てを・・・
     \    u   .` ⌒/   
    ノ           \    ・・・
  /´               ヽ

--------------------------------------------------------------------------------

  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
      :::::        。           。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
           *    ::;;;:      o     + :: :::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。           .   ゚    ::
. 。       o  ゚       .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
      。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
   *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:       ;    ;  ::::;
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;            o  ゚
o     + ::  ,    ;    o  ゚           . 。


        ____
       / _ノ  ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \    もうすっかり夜になっちまったお。
    ヽ   L   |r┬-|    |    さすがにちょっと疲れたお。
     ゝ  ノ  `ー‐'   /      適当にこの辺で少し横になるお。
   /   /          \   
  /   /             \   ふぅ~・・・
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


--------------------------------------------------------------------------------

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:57:07.36 ID:sU0ZifONO

ゆうしゃなのにゲス
気にいった


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:57:11.27 ID:M94HiwCWO

なんか切ねえな…



--------------------------------------------------------------------------------

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\   
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  うーん、なんだか疲れたら眠くなったお。
  |              |  もうすっかり夜だし、このまま少し寝るお・・・
  \               /   ・・・お?


この時、やる夫頭上の夜空に、たくさんの流れ星が落ちてきました。

様々な光を放って、炎のように燃え盛り、そして色褪せて消えていきました。
   。      .     。          '           ☆       . ゚   。   ゚
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。     。    ゚  。    ゚
。   ' o ゜          ☆          ゜    +.      ;/    ゜         。   '
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'        ☆  .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。      .        +     。        +      ゜   。     ゚
。      +       。     *  .    ゜        ゜      ゜    。     。
   ゚   ,;/    。   .          +      。  .     '
  。   ゚   。.     +         。         .  ' ゚ 。     *  . ゜   +  ゜
     。          ,;/   '   ゜             o     ゚   ゚        .
 。             *''          *       .゜     。    ゜       。
'      ゜       。   ゚        ゚   ゜   +          ゜       。  '   ゜
   。      .     。          '           ☆       . ゚   。   ゚
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。     。    ゚  。    ゚
。   ' o ゜          ☆          ゜    +.      ;/    ゜         。   '
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'        ☆  .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚

--------------------------------------------------------------------------------


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 21:59:20.19 ID:A8vi/YMLO

なんだろうねこの虚しさ




--------------------------------------------------------------------------------

         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \  流れ星だお・・・
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /  そういえばここんとこ、夜空なんてまともにじっくり眺めた事なかったお。
    ノ           \
  /´               ヽ


       ____
     /      \
   / ─    ─ \     キレイだお・・・・
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |   ・・・・・・
  \     ` ⌒´     /


--------------------------------------------------------------------------------

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   ジワッ
  / o゚((●)) ((●))゚o \   
  |     (__人__)    |  うっ・・・・・
  \     ` ⌒´     /



        _____    
      / ノ' ^ヽ_\
   ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°    
   / o'゚~(___人___)~o°\゜                     
 .   |    ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |   うぁぁぁぁぁぁぁっ!!
    \     ` ⌒ ´    /    や、やる夫は勇者なんだおっ!!
     /`         ´\     村のみんなの仇をとって、復讐を成し遂げたんだお!
    /       ``"´       ヽ   
   .|   Y            Y   |    やる夫は・・・やる夫は、勝ったんだぉぉっ!
   .|  |          |  |     うぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!


--------------------------------------------------------------------------------

    。     +      *    *   。゚     
*  ゚         +     o   .       * 
   * .      ゜         。        ゜
  ゚        。      .        +     
。      +       。     *  .  '   ゜  
 +   。   ゚    *    。   o     +     
゚   *        。       *        。   
 。    ゚    ★   。   ゚    ゚   *    
  +   ゚  *   。 ★   ゚      ゚     ゚  
 。   ゚    ゚    。   *       +  ゚  。
  °  。  +   。          。    +    。
+  ゚    。      。      *    。    *  
 。  +     *  ゚    ゚  。   ゚   ゚   。   

泣き崩れるやる夫の頭上には、二つの大きな星が

寄り添うようにして輝いていました。


                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                 d⌒) ./| _ノ  __ノ
[ 2010/02/12 ] | やる夫ゲーム | CM(0) | TB(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yaruodeyaruo.blog23.fc2.com/tb.php/210-282649c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理画面
プロフィール

相互リンク歓迎です。 何かありましたら、下のフリーメールよりご連絡ください。

yaruodeyaruo

Author:yaruodeyaruo
FC2ブログへようこそ!

フリー


やる夫の本がでるお!。
うれしいお。

フリーエリア


★2ちゃんねる系サイト★
がぞ〜速報
ワラノート
ギコちゃんねる

★やる夫系サイト★
やる夫萌え
やる夫.jp
やる夫見聞録

★ゲーム系サイト★
ゲームミュージアム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。