やる夫でやる夫

ややる夫で学ぶシリーズの保管庫です。 やる夫と一緒に楽しく学びましょう。ネタ系ではなく、教養系、役に立つ『やる夫』を纏めていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

やる夫が自分の出生の秘密について語るようです。

やる夫が自分の出生の秘密について語るようです。

1 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 18:07:07.76 ID:Maz0anWg0

          ____
       /      \    
      /  ─    ─\      こんにちは・・やる夫です。
    /    (●)  (●) \    今回は僕の出生の秘密について語ろうと思います。
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          | 
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |
4 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 18:15:28.46 ID:Maz0anWg0
       /      \    
      /  ─    ─\    みなさんが見てわかる通り私は世界ではまだ確認されていない生物です。
    /    (●)  (●) \   私たち家族は埼玉の奥秩父の山奥にひっそりと暮らしておりました・・・
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          | 
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |


5 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 18:19:04.17 ID:Maz0anWg0
       /      \     家族構成は私と母、父、兄、弟の5人暮らしでした。毎日が平和で暖かかったです・・・
      /  ─    ─\     主な主食は魚、雑草、兎・・・いわば雑食ですね・・
    /    (●)  (●) \   みなさんがギリギリで食べれる範囲の物と思って差し支えありません。
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          | 
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |


6 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 18:21:58.56 ID:Maz0anWg0
       /      \    埼玉なので人が少ない訳ではありません・・・
      /  ─    ─\     今までにも何回か人に目撃されたこともありました・・
    /    (●)  (●) \    大抵の人々は見間違いだとか適当な理由で自分を納得させていました。
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          | 
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |


7 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 18:29:25.16 ID:Maz0anWg0
       /      \     私はまだ生まれて間もない頃に子供に目撃されたことがありました・・
      /  ─    ─\       お互いに4歳と半年ほどの年齢でした・・・恐らく道に迷ったのでしょう・・・
    /    (●)  (●) \     人間よりも知能の発達が早い私は山から降りる道を教えてあげました・・・
    |       (__人__)    | ________ その子は女の子で短いかみのとてもかわいらしい女の子でして。
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          | だけどわんわんと泣きじゃくるその泣きっぷりは凄まじいものでしたよ顔をぐしゃぐしゃにして・・
    ノ           \ | |          | 
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |


8 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 18:34:02.77 ID:Maz0anWg0
       /      \     この出来事は私の人生と性癖を大きく左右する事になります・・・
      /  ─    ─\      それからは川で魚を捕ったり虫を採集したりと充実した日々でした・・
    /    (●)  (●) \    あっという間に8年が過ぎました・・・・その時ぼくは12歳になった頃だと思います・・
    |       (__人__)    | ________   また出会ったんです・・・あの女の子に・・・
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          | 
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |

10 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 18:45:01.23 ID:Maz0anWg0
       ___
    /      \
   /  ─    ─\    
 /    ,(●) (●)、\   
 |       (__人__)    |  < 私はその時も一人で木の枝でこさえた釣り竿をもって川へと走っていきました・・
 \     ` ⌒´   /       川に着くと私はいつものようにぬかるんだ川の畔にこしを落ち着かせ
                     釣り竿の先にミミズを通して食いつくのを雑誌を読みながら待っていました・・
                      雑誌は山に捨ててあった漫画雑誌でした・・・しゃべることはできても読み書きをすることは
                        できない私でしたが漫画は見ているだけでもおもしろいものでした・・・

12 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 18:48:46.49 ID:Maz0anWg0
      ___
    /      \
   /  ─    ─\    
 /    ,(●) (●)、\   
 |       (__人__)    |  < その時間はとても静かで・・川の流れてゆく音しかしていませんでした・・・
 \     ` ⌒´   /         何分経ったでしょうか、飽きっぽい私は食いつきが悪いと判断し帰ろうとしました。
                          その時です・・・女の子の声が聞こえました・・・・

14 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 18:52:47.96 ID:Maz0anWg0
       ___
    /      \
   /  ─    ─\    
 /    ,(●) (●)、\   
 |       (__人__)    |  < >>11さんすみません。その山道は通学路ではありません。
 \     ` ⌒´   /           恐らく両親と一緒に山の歩道コースを歩いていてはぐれたのでしょう。
                            説明不足で申し訳ありません。

17 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 18:57:50.50 ID:Maz0anWg0
       ___                    おかーーさん!!おかーさーん!!
    /      \
   /  ─    ─\    
 /    ,(●) (●)、\   
 |  し    (__人__)    |  < 「間違いない・・・」そう思いました・・・8年の歳月が経っていましたが
 \  し  ` ⌒´   /        すぐにわかりました・・・あっ!あの子だ・・って。
                       随分と前の出来事でしたが私にとっては人間との初めての体験でしたので
                        鳴き声だったといえど鮮明に覚えています・・・あの声は・・・・・

18 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:02:34.90 ID:Maz0anWg0
      ___
    /      \
   /  ─    ─\    
 /    ,(●) (●)、\   
 |  し    (__人__)    |  < どうしよ・・・出て行くべきか・・・
 \  し  ` ⌒´   /
                        私は悩みました・・・4歳の女の子が私の存在を親に知らせてもどうとも思わないでしょう・・
                         しかしあいては12歳・・・今回ばかりはそうはいきません
                          12歳といえば下の毛だって生え始める時期です・・・・
                           その年の子供が言うことを親が聞き流すでしょうか・・・もし噂にでもなったら・・・
                             家族はどうなるだろう・・・

19 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:07:08.27 ID:Maz0anWg0
      ___
    /      \
   /  ─    ─\    
 /    ,(●) (●)、\   
 |  し    (__人__)    |  < しかし久しぶりの再会です・・・向こうは覚えていなくても
 \  し  ` ⌒´   /        こちらは鮮明に覚えています・・・行ってはいけないという気持ち
                       とあの子の声を聞きたい、見たい・・そんな気持ちが交錯し続けました・・・
                        「早くしないとあの子が行ってしまう」
                          そう思った私は竿を投げ出し、ぬかるんだ土地を駆け上がっていました・・


20 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:07:59.48 ID:Maz0anWg0
       ___
    /      \
   /  ─    ─\    
 /    ,(●) (●)、\   
 |  し    (__人__)    |  < あ、あの~~~
 \  し  ` ⌒´   /
                   私は彼女に話しかけました・・・・・

22 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:09:30.64 ID:Maz0anWg0
      ,x '"::::::::::::::::::::
      ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ:
    ,,x '"::::::,,、- '"     |:::
    `"i`ー'"        ヾ
      !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ
     |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、
     ヾ::ヽ     -┴'~
      ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"       <ん・・・・・・・・・??
      /_                     なっなにこれっ!!?
     l    '' )    i
      ヽ,,、'~`      U               彼女の第一声でした・・・
       ゙, __ ,-、_,ノ`
 |/      ゙, `'" ,,y
 |/  彡  ゙、`-'"
   /|/     i
   /        !    ,, -'"
    |     `ー '"|::
    |      /|||ヽ
          /|||||/心
          |ヾ/ /`ー

23 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:12:49.77 ID:Maz0anWg0
          ____
       /      \     傷つきました・・・そして覚えてくれていませんでした・・・
      /  ─    ─\        ああやっぱり・・・そんな気持ちだったのでしょうか・・・
    /    (●)  (●) \         すべてが混ざり合った灰色みたいな気持ち・・そんな感じでしょうか・・・
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          | 
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |

25 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:16:16.79 ID:Maz0anWg0
     
         ____
       /      \      すいません。飯喰って風呂入ってきます。
      /  ─    ─\       光速で終わらせるんで支援お願いします。
    /    (●)  (●) \      ちなみに今日はカレーライスです。
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          | 
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |

31 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:33:42.47 ID:Maz0anWg0
         ____
       /      \     すいません・・・そして支援ありがとうございます。
      /  ─    ─\       じゃあ続けますね。あと贅沢言って悪いんですけど
    /    (●)  (●) \        レス間にください・・時々でいいですから・・
    |       (__人__)    | ________    誰もいないかと思うと不安で不安で・・・
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          | 
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |

33 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:41:00.98 ID:Maz0anWg0
      ____       12歳にもなればここから帰る事などわけないでしょう。
       /      \      私はただ単にお話がしたかっただけなのです・・・・
      /  ─    ─\       しかし今の彼女をみれば一目でわかります。
    /    (●)  (●) \     距離をとり、遠巻きにぼくを見る目はまるで
    |       (__人__)    | ________ 汚い野良犬を見たような冷たい目でした・・・
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          | 僕はわかりました・・やはり僕は異端の存在なんだ・・・と。
    ノ           \ | |          |  小さい頃から疑問に思っていました。なぜあの子供たちと同じように
  /´                 | |          | 笑ったり、走り回ったり、無駄話をしたりしてはいけなかったのか・・・
 |    l                | |          | 今、はっきりとそれが証明されました・・・人間の子供に近づくとどうなるか・・・・
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |

36 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:46:54.86 ID:Maz0anWg0
      ____      今とるべき行動は一つ。
       /      \     これ以上彼女の記憶に私の痕跡を残さないように
      /  ─    ─\      彼女の前から立ち去ること・・・それが最良の選択です・・
    /    (●)  (●) \     家族のために・・・僕は周りを見渡し、高さ1メートルほど
    |       (__人__)    | ________ の植物が繁茂しているところを見つけました。
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          | 「あそこに隠れるお!!」
    ノ           \ | |          |  そう重い向きを変えたその時でした・・・
  /´                 | |          |
 |    l                | |          | 「まって!!」   ・・・声が・・・聞こえました・・・
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|        
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |



37 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:51:51.69 ID:Maz0anWg0
      ,x '"::::::::::::::::::::
      ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ:    
    ,,x '"::::::,,、- '"     |:::
    `"i`ー'"        ヾ        <前に会ったよねっ!!??
      !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ
     |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、
     ヾ::ヽ     -┴'~
      ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"
      /_
     l    '' )    i
      ヽ,,、'~`      U
       ゙, __ ,-、_,ノ`
 |/      ゙, `'" ,,y
 |/  彡  ゙、`-'"
   /|/     i
   /        !    ,, -'"          驚きのあと絶頂がじわじわとこみあげてきました・・
    |     `ー '"|::             私は嬉しくてたまりませんでした・・
    |      /|||ヽ              返事をしようと振り向きました。
          /|||||/心              さっきとは違う目・・・距離も近くなっていました。
          |ヾ/ /`ー

38 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:54:24.79 ID:Maz0anWg0
☆          / ⌒  ⌒\ +     「お、覚えてくれてたのかお!!??」  
          / (⌒)  (⌒)\  
        + /   ///(__人__)///\  
         |   u.   `Y⌒y'´    |    *  
    *    \       ゙ー ′  ,/ 
         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
          / rー'ゝ       〆ヽ
       /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,;|
       | ヽ〆         |´ |

39 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 19:57:50.29 ID:Maz0anWg0
      ,x '"::::::::::::::::::::
      ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ:
    ,,x '"::::::,,、- '"     |:::
    `"i`ー'"        ヾ
      !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ
     |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、
     ヾ::ヽ     -┴'~
      ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"
      /_            <「う・・・・うん
     l    '' )    i       たしか何年も前に・・・
      ヽ,,、'~`      U         だってそんな珍しい体じゃいくら誰だって覚えてるよ・・・」
       ゙, __ ,-、_,ノ`
 |/      ゙, `'" ,,y
 |/  彡  ゙、`-'"
   /|/     i
   /        !    ,, -'"
    |     `ー '"|::
    |      /|||ヽ
          /|||||/心
          |ヾ/ /`ー

43 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 20:05:06.65 ID:Maz0anWg0
                        
 ☆         / ⌒  ⌒\ +    
          / (⌒)  (⌒)\     「そ、そうだおね!!!
        + /   ///(__人__)///\        ははははははははははっ!!」
         |   u.   `Y⌒y'´    |    *
    *    \       ゙ー ′  ,/            気づくと彼女も笑っていました・・
         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ                そこからはたくさんの話をしました・・・
          / rー'ゝ       〆ヽ                クラスの友達の事、近くのクワガタがよく採れる木の事、
       /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,;|                 学校に野良犬が迷いこんだ事、川で採れる魚の事
       | ヽ〆         |´ |                    自分のペットの事、自分の家族の事・・・・
                                          しゃべってもしゃべっても、その内容は語りきれませんでした。
                                           僕は笑っていました、彼女も笑っていました。
                                           僕は嬉しかった。


45 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 20:11:48.46 ID:Maz0anWg0
         ____ 彼女は僕に言いました。
       /      \         「今度友達よんでもいいかな?」
      /  ─    ─\            「えっ!?」
    /    (●)  (●) \      「だめ・・・・?」
    |       (__人__)    | ________    戸惑いました・・・しかし今の時間は何事にも代え難い
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          | 幸福を味わえた。いままでとは全く違う幸福を。
    ノ           \ | |          |  彼女に嫌われたくない。もっとおしゃべりしたい。
  /´                 | |          | そんな一心でわたしは彼女に言いました
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|               「もちろんOKだお!!」
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |

47 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 20:15:59.81 ID:Maz0anWg0
        ________
      /     \     「今日は本当にいい一日だったお!!
    /   ⌒  ⌒\        明日もたくさんお喋りするお!!」
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i    胸に納まりきらないほどの興奮を秘めながら私は
   ヽ、    `ー '   /       深い眠りにつきました。このときにはもうすでに
     /     ┌─┐        なにか別の感情が芽生えていました・・・・
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ 
     と_____ノ_ノ

49 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 20:21:47.46 ID:Maz0anWg0
           約束の時間までとても長く感じました。予定よりも1時間半早く
       ____     待ち合わせの場所で待っていました。呆れるほど待つとやっと
     /_ノ   ヽ_\     1時間半が過ぎました。彼女と数人の男子と女子がやってきました。
   /( >)  (<)\   
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  「みんな初めましてだお!!!」
  |     |r┬-/      |     「・・・」「・・・・」「・・・」「・・・・」「・・・」「・・・」
  \     ` ̄'´     /  何か様子が変だと思いました。

52 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 20:28:53.21 ID:Maz0anWg0
       ___      しん・・・とした空気・・・昨日とはまるで
    /      \    正反対の空気・・・・・
   /  ─    ─\    
 /    ,(●) (●)、\   
 |  し    (__人__)    |  < お?どうしたんだお?
 \  し  ` ⌒´   /

                女友達A「ねぇ○○さん。これ?昨日話してたのって?
                女の子「うん。そう。」
                男友達A「うわwwwwまじきめぇwwwww」
                男友達B「いいから早く撮るぞ」
                パシャッ!!! 
                やる夫「ま、まぶしいお!!」

53 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 20:36:09.02 ID:Maz0anWg0
      ___      恐ろしいほど早く会話だ進んでいました。
    /      \  何が起こっているのかわかりませんでした。
   /  ─    ─\    
 /    ,(●) (●)、\   
 |  し    (__人__)    |  < お・・お?
 \  し  ` ⌒´   /     

            女友達B「うわwwwwwwwwwきもwwwwww]
女友達A「○○さん、こんなのと話してたの?」
            女の子「うん、でも私だって話したくなかったわよ
                   こんなのとはwwwwww」
           男友達A,B「同感wwwwwwwwwwwwwww」

        ああ、そういうことだったのか。
        頭を使わないでもすぐわかった。自分は「遊ばれているんだ」と。

56 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 20:44:08.44 ID:Maz0anWg0

  
         ____      それからいろんな事をされた
       /      \       ケツにストロー刺されたり
      /  ─    ─\       プロレス技をかけられたり
    /    (●)  (●) \     顔を引っ張って遊ばれたり・・・
    |       (__人__)    | ________  その事々に写真を撮られた。
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          | 1時間ほど経つと、彼らは飽きたのか。帰っていきました。
    ノ           \ | |          |  途中での話の内容から察するに
  /´                 | |          | 雑誌のスクープ欄に応募したり、
 |    l                | |          | クラス中に見せ回ったりするらしい。 
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|       傷だらけの私を残し、彼らは帰っていった。
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |

57 :名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/12/03(月) 20:49:00.19 ID:Maz0anWg0

          ____
       /      \     すいません。この辺でいったん落ちます。
      /  ─    ─\      自意識過剰ですみませんが、続きを明日
    /    (●)  (●) \    書きたいと思っています。もし続きを
    |       (__人__)    | ________ 見るという方がいましたら
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          | kskをください。
    ノ           \ | |          |  そして、お見苦しい点ばかりで大変迷惑をかけました。
  /´                 | |          |  これからはもう少し学んでいきたいと思います。
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |
[ 2009/03/23 ] | 未分類 | CM(0) | TB(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yaruodeyaruo.blog23.fc2.com/tb.php/65-0fccde54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理画面
プロフィール

相互リンク歓迎です。 何かありましたら、下のフリーメールよりご連絡ください。

Author:yaruodeyaruo
FC2ブログへようこそ!

フリー


やる夫の本がでるお!。
うれしいお。

フリーエリア


★2ちゃんねる系サイト★
がぞ〜速報
ワラノート
ギコちゃんねる

★やる夫系サイト★
やる夫萌え
やる夫.jp
やる夫見聞録

★ゲーム系サイト★
ゲームミュージアム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。